朝晩 過ごしやすい季節になりました。
少し寒くて正露丸のお世話になっております。😁

もう秋ですね。

秋といえば、
食欲の秋、睡眠の秋、読書の秋、
やっぱり食欲の秋ですよね~(笑)

先日焼き芋の🍠食べ比べをしました。
どれもうまい!うまい!

もぉ、食べ比べではなくただ食欲を満たしただけ(笑)

ご存知かもしれませんが、
サツマイモは今や、ダイエット食品!だそうです。

カロリーは100gあたり約132カロリー
(白米は100gあたり336カロリー)
な、なんと美肌効果もあるそうで、
女性に人気があるはずだ!!

太らないと聞いては食べるしかない
この秋は焼き芋を食べてダイエットだー!!
(食べたいだけやろ!!っと隣からやじが聞こえるがスルー)

仕事でも非効率業務削減でダイエットに繋げたいものだ。

株式会社 ホウライ

山田 慶太

hourai.info/


 

今回は、貴金属の傷防止フィルムを紹介したいと思います。一般的に時計・スマホやテレビ等の液晶画面等、保護したい所に使用されますが、保護したい部分が複雑な形状をしていたり、また、はさみやカッター等で切るのは限界があるといったお声があり、弊社では、貴金属の傷防止フィルムの加工を承っております。そこで、貴金属の傷防止フィルムの特徴や用途等を紹介していきます。

〇使用している素材
時計やバッグの金具等の貴金属に使用している素材として、【PEフィルム】があります。弊社では、PEフィルムを使用しています。PEフィルムは、傷や汚れの保護に使用し、半透明のため目立ちません。また、耐熱性に強く、加工や保管の傷・汚れ等の化学製品から大切な製品を守ります。温度適正にも優れているため、低温から高温まで、温度による影響を受けにくく、安心して使用出来ます。さらに、切断や打抜き性、折り曲げ等の加工性に優れています。弊社でもフイルムの加工を承っておりますので、切断や打ち抜きといった多様なお客様のニーズに対応致します。

〇特徴・用途
・ステンレス板やアルミ板の傷防止
・加工時の表面保護
・環境に優しく、被着体を汚染しにくい!

〇まとめ
いかがでしょうか。傷防止フィルムは様々な特徴や用途で使用されており、また、加工性に優れているため、時計の文字盤の保護やステンレスの養生等、必要に応じて行っております。何かお困り事になりましたら下記にお気軽にお問い合わせください。 hourai.info/mailform/


 

最近の動向と所感について

身近な最近の動向などについてまとめてみたいと思います。

*シルバーウイークは、他府県の車が多かった。車での移動が増えているようだ。

*通勤時間帯は道がかなり混むようになった。電車通勤が減って一部が車に移っているのかもしれない。

*今後のことを考えると、企業の人出不足は解消されてくるのではないか。現在のところ減っている仕事と増えている仕事を足し引きすると減っている仕事の方が多いだろう。

*飲み会に対して再開する動きが身の回りで出ています。やっぱり対面がいい。飲食店は、以前と同じまでは行かないと思うが、徐々に回復はするだろう。

*電車は、依然として空いています。ラッシュ時は知りませんが。お客さんは以前のようには戻らないでしょう。

*町中を車で走っていると、貸店舗、貸倉庫という看板が増えてきた。これを機会に閉店する店舗が多いのだろう。

*ガソリンスタンドが一時期ハイペースで減っていったが、最近は落ち着いているように感じる。下げ止まりか?

*外車を見るのが普通になった。しかも年々増えているように感じる。メルセデスは特によく見る。自動車のパイ自体が増えていないとすれば、日本車が押されているのではないだろうか。

*事務作業もどんどん効率化できそうである。小切手を使わなくなっただけでも助かっている。今後、年末調整、各種税金、振込データ、勤怠などが対象になってくるのだろう。OCRの精度が安価で大きく向上すれば更に効率を上げれるのだが。

*中古カー用品、作業工具屋さんに行ってみた。まあ安い値段で売ってること。今の若者が車にこだわらなくなっている。ということであれば、カー用品なんかもある程度中古で十分ということになるだろう。

*色々なものがリサイクルされている。ごみが減っていい事には変わりない。リサイクルしてより安く。更に今あるものもアップデートして性能を上げる。・・・モノ作りは今後どんどんシュリンクしそうである。どこを向いて仕事をするのか。これが大切。

*出るを制するネタばかりだが、入るを増やせるように活動することが大切。

*最近「ありがとう」という言葉を耳にする機会が増えた。明らかに昨年より多い。当たり前だったことが当たり前でなくなる。そう「ありがたい」これを大切にしていく年に変わった。

↗ ↗ ↗ ↗ ↗ ↗ ↗ ↗ ↗ ↗ ↗ ↗ ↗ ↗ ↗ ↗ ↗
フィルム、両面テープ、スポンジ、フェルトなどの裁断、型抜き加工

株式会社 ホウライ  宮下 順和

〒578-0901 大阪府東大阪市加納8-5-5
TEL:072-871-4848 / FAX:072-874-0282
ZOOMでの打ち合わせも大丈夫です
URL:https://www.hourai.info/
mail:hourai-miyasita@viola.ocn.ne.jp <mailto:hourai-miyasita@viola.ocn.ne.jp>
    (miyasitaですmiyashitaではないのでご注意ねがいます)
↗ ↗ ↗ ↗ ↗ ↗ ↗ ↗ ↗ ↗ ↗ ↗ ↗ ↗ ↗ ↗


 

弊社では、多くのお客様からたくさんの声を頂いております。 その中でいくつかを紹介していきたいと思います。

〇問い合わせからの対応がとても早く丁寧!
弊社の強みは「提案力」です。お客様にあった工法を提案を致します。また、好みの形状や数量、さらにコストに至るまで、お客様のご要望に合わせ、最も適した方法でご提案させて頂きます。 さらに、「対応力」にも自信があります。量産はもちろんのこと、1個からでも対応させて頂きます。「迅速対応」「安定品質」「丁寧な対応」を心掛けております。また、他にもお客様から、価格、値段が良心的だった、大阪で近いから等、様々なお客様からの実際のお声を頂き とても嬉しく思います。さらに、その他の製品として、電子機器やスマートフォン、クラフト材料や家具等 身近なところでも活躍しています。使用条件や用途などを教えて頂ければ、最適なものをご提案させて頂きます。

〇材料をたくさんの種類を持っている点!
弊社では、豊富な材料とたくさんの種類をご提供しています。両面テープやプラスチックフィルム(PET)、ポロンや金属フィルム、スポンジやゴム等の材料があります。その種類も多数あり、その一部を紹介します。

・両面テープ
不織布基材両面テープ、PETフィルム基材両面テープ、発泡(フォーム)基材両面テープ。

・プラスチックフィルム(PET)
ペット(PET)は、透明性や平滑性、耐熱性などに優れることからフラットパネルディスプレイの部材で使用されています。またペット(PET)は、絶縁性・寸法安定も良いことから電気電子部品でも広く使われております。

・ポロン
ポロンは、高密度で極めて微細、且つ均一なセル構造を有しており、従って様々な優れた特徴があります。圧縮残留歪が、非常に小さいので荷重をかけた時、厚みが減じる現象「ヘタリ」が小さく復元しやすいです。利用して、クッション材やスポーツ用のプロテクターパッド、家電やIT機器などの足ゴムとしても用いられます。

〇まとめ いかがでしょうか。お客様から多くのお声を頂いております。また、ネット販売も承っております。何かお困り事になりましたら下記にお気軽にお問い合わせください。 hourai.info/mailform/


 

9月です。
ここ数日は朝晩めっきり涼しくなりました。
愛犬との早朝散歩も涼しいを通り越して寒いくらいです。
1週間ほど前は半袖短パンでも汗だくになっていましたが、最近は長袖でも少し汗ば む程度です。
季節は確実に進んでいることを、改めて実感している今日この頃です。

さて、先日半期に一度の環境整備振り返りと実行計画再作成がありました。
何のこと?と思われた方、ご説明しますね。

弊社では、環境整備活動を行っています。
大きく二つあり、一つは日々の環境整備活動。
全従業員が、決められたやり方で掃除する活動です。
会社内はきれいになり、決められたルールを守る習慣が身につく。
そんな活動が一つ。

もう一つは、各部署ごとでの環境整備活動実行計画です。
一か月に一回、各部署で決めた環境整備の計画を実行する活動です。
それぞれのチームが毎日の活動ではできないより大きな3S活動にチャレンジしま す。
実行後は部署メンバーで振り返り、達成状況を確認します。
それらの活動がどうだったのか、総まとめの振り返りと次期どうするかの計画の作成 を一日かけて行ないます。
先日行なったのは、その実行計画の振り返りと再作成でした。

3月から8月まで行った実行計画について、良かったところや悪かったところ、改善す べきところや次に生かすところなど話し合い、内容をまとめて発表します。
この振り返りを生かしながら、次の半期の3Sについての実行計画を立てます。

「各部署が半年後、より良い職場に変化するよう計画を立て実行する」

そんな活動をホウライは行っています。

私は「営業業務」チーム。
お客様とより多く接する部署でもあり、お客様が来られる部署でもあります。
今より良くなるにはどうすればいいか、みんなで知恵を出し合い、計画を立てます。
6ケ月の計画が作成できたら、社長へプレゼンです。

社長から、
「なぜこのような計画にしたのか?」
「どのような効果があるか?」
など質問があり、クリアすれば承認!

無事、計画書完成となります。

上記の活動は今回で3回目。
みんな慣れてきたため、作成もスムーズに進みました。
計画書には、半期間活動に対するスローガンを記載します。

そのスローガンを決める時に出た言葉が

「日々進化」

今、まさに必要な言葉です。

今年は新型コロナの影響もあり、「変化」を余儀なくされています。
その「変化」を恐れれば、その先の「進化」はありません。
日々行う環境整備活動を通じ、「変化」に慣れ、「進化」していく。
このスローガンを基に、日々進化していきたいと思います。

季節は確実に進んでいきます。
環境整備活動を通じて、進化していくホウライが気になる方。
ぜひお問い合わせください!

素敵なご縁、待っております!

それではまた!

********************
株式会社ホウライ/ Hourai co.,ltd
〒578-0901
大阪府東大阪市加納8丁目5番5号
樋口 勇紀

TEL:072-871-4848 
FAX:072-874-0282
URL: <www.hourai.info/> www.hourai.info/

********************


 

両面テープには粘着剤の種類があり、ゴム系やアクリル系、またシリコン系とあり、粘着剤の種類によって特徴や用途が変わってきます。それぞれの特徴や形態・用途等を3回に分け、今回はアクリル系の粘着剤について紹介します。

〇アクリル系粘着剤の特徴
アクリル系粘着剤の原料はアクリルモノマーで、主にコンタクトレンズやプラスチックガラスまた吸水性ポリマーなどに使用されます。このアクリルモノマーを選択し共重合することにより、必要な機能を持ったアクリルポリマーが合成されるため、粘着剤として使用されます。アクリル系は、特に透明性や耐熱性、耐候性、耐溶剤性などに優れいるため、液晶パネル、携帯電話や自動車などに広く使用されます。また、粘着力の幅が広いため、弱粘着タイプから強粘着タイプまで設計が可能となり、そのため、再剥離性が必要な加工の工程用フィルムから、強い粘着力が求められる電子部品を貼り合わせ用のテープ等、様々な用途で使用されており、さらに、アクリル系粘着剤は最大の粘着力を発揮できる状態になるまで時間がかかります。紫外線やオゾン、高湿な環境への耐性が非常に優れているため、アクリル系粘着テープは高い透明性を持ち、ガラスや透明プラスチックを接着する用途に適しています。また、耐老化性にも優れており、黄色に変色することが無いので、透明性を保つことが可能となっています。さらに、耐熱性にも非常に優れているため、屋外で長期間使用する用途に適しています。

〇形態
アクリル系粘着剤には、2種類の形態があり、溶剤中でポリマーを合成、様々な添加剤をブレンドしている:溶剤型と水中にポリマー成分を均一に分散させる:エマルション型とあり、両方の長所は、熱や紫外線で粘着剤が劣化しにくく、用途に応じた幅広い設計が出来るという点。また、短所は、低温環境下ではつきにくく、プラスチック系被着体につきにくいという点があります。

〇用途・使用製品例
アクリル系粘着剤は、太陽光発電モジュールのパネルラックへの取りつけや自動車の部品の固定。また、電気モーター内の磁石の固定や金属やガラス製家具の組み立て、さらに建物の外壁材の固定等に使用されています。また、使用製品としまして、ET75-H120(10)…透明ポリエステルフィルムに、優れた再剥離性を持った微粘着タイプのアクリル系粘着剤を塗布した粘着シートで、主に保護シートや加工工程用キャリアシート等に最適となっています。R-透明50-N…透明のポリエステルフィルムに再剥離性を持つアクリル系粘着剤を塗布したシールやラベル素材用の粘着シートとなっています。 MHM-FWD25…高い透明性を持った基材レス両面粘着シートです。クリーン製造で高透明、そして金属膜への影響の少ない酸フリータイプの粘着剤を使用してます。

〇まとめ
いかがでしょうか。アクリル系粘着剤は、ご家庭や職場、地域と様々な場所や用途で使われております。何かお困り事になりましたら下記にお気軽にお問い合わせください。 hourai.info/mailform/


 

〇7686URとは
7686URは、EBISU 両面接着テープ ♯7686UR は、ウレタン/PET/アクリルで構成しており、 アクリル面は強粘着タイプ・ウレタン面は再剥離タイプの両面接着テープとなっております。 1面(アクリル系強粘タイプ粘着剤) 初期接着性に優れ系強粘タイプ粘着剤で、特に各種発泡体に対する接着性が良好で低温 接着性に優れており、2面(ウレタン系再剥離タイプ粘着剤) 各種被着体に対してソフトタッチで、接着性が良く、平滑性の乏しい紙質に対しても相応 の接着性を有し、更に再剥離が可能です。

〇構成
7686URは 順番に、セパレーター➡ウレタン系粘着剤(2面)➡PETフィルム(基材)➡アクリル系粘着剤(1面)の構成となっています。

〇特徴
7686URの特徴として、 強粘着/弱粘再剥離タイプとなっており、再剥離可能で繰り返し使用出来ます。またテープのサイズとして、テープの厚さ:0.12㎜で、セパレーター:0.105㎜となっています。テープ巾:1050巾×長さ50mです。また、粘着剤はアクリル系とウレタン系を使用しており、基材はフィルムとなっています。被着体は PP.PE(オレフィン).紙を使用しています。 その他のサイズについてはお問い合わせが必要となります。

〇用途
7686URは日常生活の中で目にする物として、ウェットティッシュの蓋の固定や送付用カードの固定に使用されています。寸法安定性に優れております。

〇まとめ
いかがでしょうか。 7686UR両面テープは家庭や職場、地域と様々な場所や用途で使われております。何かお困り事になりましたら下記にお気軽にお問い合わせください。 hourai.info/mailform/


 

 

先日、高校の学校説明会に行った時の事です。

コロナの影響もあって検温と手の消毒を行い、保護者の案内は

クラブ活動の生徒達がしてくれました。

その時の生徒達のあいさつの気持ちいいあいさつ。

「こんにちは!」「こちらです!」と」きびきびした声。

校長先生のお話でもありましたが「あいさつ」を大事にしているそうです。

クラブ活動が盛んでさすがに行き届いているなと思いました。

何を隠そう、この学校は私の母校で現在ほど偏差値も高くなく

クラブ活動も現在ほど盛んではありませんでした。

でもその頃から、私はクラブ活動をしていたこともあり

あいさつを大事にしてきました。

何をするにもまず、あいさつです。

おはよう!に始まり、おやすみ!で終わる生活。

最初と最後は必ず、あいさつです。

お客様が来られた際にも気持ちのいい、あいさつを心がけて

お客様が、また来たいな、という雰囲気を大事にして行きたいです。

お客様の声を大事に今日もあいさつで始まり、あいさつで気持ちよく終わる一日に
していきたいです。

さてそんな私ですが皆さまからのお問い合わせをお待ちしています。

なんとかお力になれればと思います!

株式会社 ホウライ 竹村  明

〒578-0901 大阪府東大阪市加納8−5−5
TEL:072-871-4848 / FAX:072-874-0282

URL: <www.hourai.info/> www.hourai.info/
Mail hourai-takemura@viola.ocn.ne.jp


 

両面テープには粘着剤の種類があり、ゴム系やアクリル系、またシリコン系とあり、粘着剤の種類によって特徴や用途が変わってきます。それぞれの特徴や形態・用途等を3回に分け、今回はシリコン系の粘着剤について紹介します。

〇特徴
シリコン系粘着剤は、シリコンが持つ優れた特性の耐熱性、耐寒性、耐水性、 電気絶縁性を備え 様々な被着体に優れた粘着性がある粘着剤です。フッ素樹脂やシリコンゴムに着き、使用可能な温度の範囲が広く、保護フィルムや各種テープの粘着剤に適しています。 さらに、シリコンゴムの粘着性が低くく、粘着付与の成分が入っているシリコンレジンが使用されており、シリコンゴムとシリコンレジンを変化させ、必要な粘着性が得ることが出来ます。シリコン系粘着剤は有機系が困難なシリコンゴム、フッ素樹脂、ポリイミドなどにもよく粘着します。高温で溶けたり、低温で固くなったりすることなく、粘着力の変化が少ないです。 低アレルギー性であることから、手のひら・足の裏など他の粘着剤が苦手な部分に高い粘着性を発揮します。さらに、救急絆創膏等にも使用されたり、シリコン系粘着剤は他粘着剤と違い、糊があまりべたつかず、粘着剤が流動性を持ち やわらかいです。さらに、シリコンゴムと金属、プラスチック等の貼り合わせに適しており、シリコンゴムの主なポリマーは ポリジメチルシロキサンです。直鎖(枝分かれしていない)のゴム状の構成となっています。

〇形態
シリコン型はシリコンゴムとシリコンレジンをブレンドをしています。シリコン系の粘着剤の長所は、-60℃~250℃と幅広い温度に対応でき、耐候性や耐熱性、耐寒性、耐薬品性や低温特性に優れていますが、他の粘着剤では着きにくいシリコン表面にも粘着性を発揮します。また、あまり粘着力は高くないため、強粘着性が出しにくいです。価格が高いのが短所となります。

〇用途
主な用途として、シリコンゴム同士の固定や再剥離が必要な箇所の固定に使用されています。また、シリコンゴムと金属やプラスチック等の貼り合わせ、熱のかかる部分の絶縁や固定用、部品の耐熱工程搬送用等で使われております。さらに、液晶表示装置や拡散フィルム、導光板部分の反射フィルムなどの固定等。プラスチック等の各種材料の固定、電気絶縁性や耐熱性が必要とされている材料・部品などの貼り合わせや固定等、幅広い用途で使用されています。

〇まとめ いかがでしょうか。両面テープの粘着剤によって、家庭や職場、地域と様々な場所や用途で使われております。何かお困り事になりましたら下記にお気軽にお問い合わせください。 hourai.info/mailform/


 

〇880WP
従来の両面接着テープでは接着しにくかったシリコンゴム・シリコンスポンジを接着するためのテープで、セパレーターを簡単に剥がすことのでき、作業性に優れた両面接着テープとなっています。
〇特徴
880WPは、シリコン系粘着剤(A面):シリコンゴム・シリコンスポンジによく接着し、また耐熱性や耐寒性、耐候性、耐水性、電気絶縁性に優れています。 アクリル系粘着剤(B 面):各種発泡体に対する接着性に優れています。また、PP・PE等のポリオレフィン系樹脂にも良く接着します。さらに、クッション材やパッキン材等の難接着材料として使用されています。また、先程紹介した耐熱性以外のテープの特徴として、強粘着・有色剥離紙(シール等の台紙の黄色やクリーム色の剥離紙)等があります。テープの粘着剤は、アクリル系(アクリルポリマー粘着剤のことで、モノマーの種類の選択、ポリマーの分子量等の粘着物性をコントロールします)とシリコン系(シリコンゴムやフッ素樹脂にも粘着し、使用可能温度の範囲が広く、耐薬品性また耐水性に優れています。)となっており、PPやPE(オレフィン)、シリコン等に接着可能です。また、ディファレンシャルタイプ(両面テープの接着力が、表側と裏側の接着力が違う両面テープのこと)の仕様となっています。構成として下から順に、紙セパレーター、アクリル系粘着剤(B面)、基材(PETフィルム)、シリコン系粘着剤(A面)、フィルムセパレーターの構成となっております。
〇用途
880WPはシリコンゴムやシリコンスポンジの接着等に使用されます。ゴムの特徴は 高度の耐熱性や耐寒性、耐オゾン性をもち、さらに電気特性や非粘着性 に優れています。また、反対に、引っ張る強さや引き裂く強さによって耐磨耗性など力学的性質や熱膨張性 には劣ってしまいます。スポンジの特徴は、軽くて加工がしやすく、自由にカットできるため、アレンジか可能です。また、気体や液体をほとんど通さないため、断熱や保湿効果があります。さらに、優れた断熱性があることです。天然ゴムは100℃また、一般の合成ゴムは150℃を超えてしまうと、短時間で劣化して使用出来なくなりますが、シリコンゴムは温度が180℃を超えても、連続して使用が可能です。
〇まとめ
いかがでしょうか。880WPの両面テープは様々な特徴や用途で使われております。何かお困り事になりましたら下記にお気軽にお問い合わせください。https://hourai.info/mailform/


 

両面テープには粘着剤の種類があり、ゴム系やアクリル系、またシリコン系とあり、粘着剤の種類によって特徴や用途が変わってきます。それぞれの特徴や形態・用途等を3回に分け、今回はゴム系の粘着剤について紹介します。

〇ゴム系粘着剤の特徴
天然ゴム自体は粘着性が低いため、一般的には粘着付与剤を添加します。それにより、多くの被着体につくことが可能となるので、包装用粘着テープとしてよく使用されております。主な特徴としまして 天然ゴムは価格が安く、耐熱性や耐候性は劣っていますが、被着体の選択が小さいです。さらに、極性基を持っていないので粘着力の上昇が小さいのが特徴となります。

〇形態
ゴム系の粘着剤の形態には、ゴムを有機溶剤に均一に溶解する「溶剤型」ゴムを加熱して溶かす「ホットメルト型」ゴムを加熱軟化させ、練って柔らかくする「固形型」の3種類があります。それぞれの長所・短所があり、溶剤型は比較的何にでもよく付き、低温の環境下でも付きやすい反面、光や熱に弱く、粘着剤が劣化します。ホットメルト型の長所として、平面には強力に貼りつけることが出来ます。その反面、溶剤型と同様に熱に弱く、粘着剤が劣化してしまいます。最後に、固形型は糊が柔らかいため、粗面に対して比較的よくはり付きます。その反面、溶剤型やホットメルト型同様に、熱に弱く、粘着剤が劣化してしまいます。

〇用途
主な用途として、家電やOA機器の加硫ゴムクッション材、またパッキン材の接着や仮止めに使用されます。また、クロロプレンゴムやEPTゴム、天然ゴムなどの様々なゴム材料の接着や仮止めに使用されたり、各種ゴム製品やEPDMゴム製品、布地の固定等、様々な用途に適しております。

〇まとめ
いかがでしょうか。両面テープの粘着剤によって、家庭や職場、地域と様々な場所や用途で使われております。何かお困り事になりましたら下記にお気軽にお問い合わせください。 hourai.info/mailform/


 

〇VHBとは
3M独自のアクリルフォーム基材と粘着剤で構成された3M™ VHB™ テープは、ボルトやネジの接合に比べ、サビや水漏れの発生に悩まされることなく、素早く簡単に材料同士を接合が出来、従来の両面テープの概念を超える高い剥離強度や優れた耐候性・柔軟かつ強靭なアクリルフォーム基材は被着体の変形に見事に追従します。金属だけではなく、プラスチックやコンクリート・木材に至るまで豊富なラインナップがあります。

〇3MY4914VHBとは
アクリルフォーム構造用接合テープ(Y-4914)とは、従来の VHB の優れた性能をそのままに、厚さを 0.25mm と薄くしたものです。各種工業材料の接着において、特に薄さの要求される場合に使用できます。

〇特徴
強靭な接着力:独自の粘着剤と柔軟なアクリルフォームの分散効果による強靭な接着力を 発揮します。また、簡単な作業性なので、材料面の油や水・ホコリを除去し、貼り込みローラーなどで圧着して完了します。また、接合部分の変形に追従し、残留応力が残りません。さらに、反発の吸収力が高い剥離強度、常温感圧型接着タイプ、面接合により応力集中を防ぎます。さらに、高いシール性と耐候性に優れ、屋外での使用が可能。また、振動吸収性に優れています。また、使用により軽量化と小型化に対応できます。

〇使用方法
①接着する材料表面の油分や水分、ほこりを除去します。
②圧着する際は、プレスまたはローラー等の器具により、接合部に 50N/cm2以上の圧力を加えて接着します。
③室温が10℃以下の場合、テープ及び被着体を温め、接着時にテープ及び被着体ともに 2 0℃ 以上であるのが望ましいです。
④接着しにくい材料には、専用プライマーにより接着性を向上させることができます。
⑤テープは直射日光を避けた室内にて保管しましょう。

〇仕様
サイズ 厚み:0.25㎜
サイズ 幅:300㎜,600㎜
サイズ 長さ:33m

〇まとめ
いかがでしょうか。両面テープは家庭や職場、地域と様々な場所や用途で使われております。何かお困り事になりましたら下記にお気軽にお問い合わせください。 hourai.info/mailform/


 

他人に任せるって事は、
簡単なようでなかなか難しい
それは、家族間でもなのかもしれないですが。(笑)

信用 信頼 

・信用取引とは言いますが、信頼取引とは言いません。
・信頼関係とは言いますが、信用関係とは言いません。
・信頼を裏切ったとは言いますが、信用を裏切ったとは言いません。

今年は通年とは違って、帰省ができない、しにくい等の問題があってなのか
墓参り代行依頼が増加し、巷では、Uber Eats
郊外では生協が奔走している。

タクシーは、密になるから避けられる。
そこで,タクシー業界が、目につけたのは、買い物 買い物代行タクシー🚖

本業とは違う業務も考えなければ生き残れない!💦
そんな時代だからかもしれませんが、
改めて代行業務が注目されています。

通常業務でも、誰がどんな作業でもできる多能化の環境を
備え整えとかなければいけません。

そこには、やはり、
相手を信用信頼する人としての心の関係が、
必要になってくるのかもしれませんね。

コロナの影響で、倒産した会社が沢山あるみたいですが、
生き残る為、様々な経営改革、業務改革が必要だと思いました。

株式会社ホウライは、創業以来、
お客様本位のものづくり。
信用・信頼を、モットーに営業させて頂いております。
「こんな事できないだろうなぁ~」
思ってしまう事でも一度ご相談ください。
お力になれるかもしれません。

まだまだ、暑い日が続いていますが
夏の疲れは出ていませんか?
お体をご自愛ください。

******************************

株式会社 ホウライ

山田 慶太

hourai.info/

kizami@hourai-net.sakura.ne.jp <mailto:kizami@hourai-net.sakura.ne.jp>